Help

13.03.19.大岡主膳正下屋敷跡(目白台1丁目)

  • 48

Photos: 13.03.19.大岡主膳正下屋敷跡(目白台1丁目)

Photos: 大岡主膳正下屋敷跡(目白台1丁目)豊岡稲荷 Photos: 11.05.02.江戸川公園(文京区関口)大井玄洞翁胸像

屋敷跡南西角。背は豊島区。

古地図だとここはちょうど東隣の小笠原信濃守サン家との境で。右手は小笠原信濃守サン家。豊岡稲荷の小さな境内……元来の位置なのか、少しでも東に移動してきたのか。地図重ねや古地図にズレがあるのか……。




mixiアルバム「豊川稲荷/大岡主膳正 (文京区目白台1丁目)」コピペ――
https://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000081622555&owner_id=32815602
2013年03月19日 21:38

●13.03.19.
特筆なしwwwwwwww
「豊川稲荷(港区元赤坂)/大岡越前守忠相」参照
http://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000056956332&owner_id=32815602


●大岡主膳正――
大岡岩槻家。岩槻藩大岡家。忠房系大岡家。大岡忠房家。
(大名家として)
初代、忠光、従五位下・出雲守、従四位下
大岡忠房家4代。
宝暦元(1751)年、上総国勝浦1万石。宝暦(1756)年、武蔵国岩槻藩2万石。
2、忠喜(ただよし)、従五位下・兵庫頭
3、忠要(ただとし)、従五位下・式部少輔
4、忠烈(ただやす)、従五位下・丹後守
?、忠正、従五位下・主膳正
?、忠固(ただかた)、従五位下・主膳正
7、忠恕(ただゆき)、従五位下・兵庫頭
?、忠貫(ただつら)、従五位下・主膳正


「大岡氏」の初代当主は、戦国時代、三河松平 広忠へ仕えた忠勝とされている。
氏は、鎌倉時代、関白 九条忠教が三河国八名郡大岡郷に住み、名字を大岡と称したのが始まりといわれる。はじめ、神職だったとされる。(大岡明神・大岡白山神社)

・宗家初代、忠勝
2代、3男 忠政(主君家康)
3代、次男 忠行(長男忠俊は関ヶ原で戦死)
4代、養子 忠種(忠政3男 忠世の長男)
※忠世は分家。4男 忠吉も分家。3家に分かれた旗本家系。
5代、長男 忠方
※忠種次男 忠英(ただふさ)が、上役の大番頭 高力忠弘を口論の末殺害。のち自刃。
これによりお家断絶(元禄9(1696)年)。一門閉門処分となる。(大岡忠相の従兄にあたる)

※閉門――門扉、窓を閉ざし、昼夜とも出入禁止。逼塞(昼間出入り禁止。30日間また50日間)より重罪。蟄居(一室に謹慎。蟄居・蟄居隠居・永蟄居とある)より軽罪。

・大岡忠世家
2代、次男 忠真
3代、養子 忠相(忠吉家3代 忠高の4男)
※大名に取り立てられ、こちらが宗家となる。
元宗家も許され、旗本として復帰している。忠行家、大岡本家。しかし8代で断絶。

●大岡忠房家
初代、(忠吉4男)忠房
4代、(3代忠利長男)忠光
(忠相は親戚。伯父? 親交もあった。父が同年代)

●大岡忠光――
宝永6(1709 ※正徳2(1712)年説)~宝暦10(1760)年。300石の旗本。
享保9(1724)年8月、後の9代、家重の小姓となる。以後、ずっと家重の側近として務める。
享保12(1724)年、従五位下・出雲守。
享保18(1733)年、800石の地方知行取り。
延享2(1745)年、家重 将軍就任。
幼児期より家重に近侍していた忠光は、不明瞭な家重の言葉を唯一理解できたため、その側近として異例の出世を遂げた。
宝暦元(1751)年、上総国勝浦1万石を領す大名となる。
宝暦4(1754)年、奥兼帯の若年寄に。5千石加増。
宝暦6(1756)年、吉宗に廃止された側用人に就任。従四位下従位。5千石加増。都合2万石を得て武蔵国岩槻藩へ移封。

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.